金魚の飼育容器・ガラス水槽の特長と選び方

金魚の画像金魚の画像

金魚の画像金魚の画像


金魚の画像

 ●丈夫で扱いやすく形がシンプルでお掃除もしやすいという優れた特長を持つガラス水槽。では、金魚の飼育に適したガラス水槽は、どんなところに注意して選べばいいのでしょう?

 このページでは、金魚の飼育容器に適したガラス水槽の特長と選び方をご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。)


スポンサーリンク


 金魚の飼育容器・ガラス水槽の特長と選び方


● ガラス水槽の特長

 金魚の飼育容器には、水槽や金魚鉢、睡蓮鉢などがありますが、そのなかで、金魚の飼育に最も適しているのが、ガラス水槽です。ガラス製の水槽は、丈夫で扱いやすく形がシンプルでお掃除もしやすいという優れた特長があります。

 ガラス水槽は、60cm規格水槽(水量57リットル)サイズを中心とした大型のものから30cm規格水槽(水量10リットル)以下の小型のものまで、様々なサイズが豊富に揃い、飼いたい金魚の数や飼育の規模に合わせて自由に選べるということも大き特長といっていいでしょう。

 また、ガラス水槽はデザインも多彩で、ガラス製の飼育容器といったシンプルなものばかりでなく、縁のない観賞用のガラス水槽や、水槽の角がカーブになったおしゃれなインテリア水槽も数多くあります。好みやイメージに合わせて、いろいろ探してみましょう。


 金魚の水槽の一覧は、こちらからご覧いただけます。

 金魚のことがよくわかる金魚の飼育関連本の一覧は、こちらからご覧いただけます。


● 初めてでも安心のオールインワン水槽

 水草の揺らめく水槽の中を優雅に泳ぐ金魚の姿は、お部屋のインテリアとしてもよく似合います。そんな楽しみ方ができるのも、金魚を飼う魅力のひとつといっていいでしょう。

 とはいえ、金魚を初めて飼い育てる方にとっては、金魚の飼育に必要なものをひととおり揃えるだけでもなにかと大変なものです。そんなときは、金魚の飼育に必要なものがセットになったオールインワンタイプの水槽セットの中から選んでみましょう。


 オールインワンタイプの水槽セットは、ろ過器(ろ過装置)やライトなど必要なものがワンセットになっていますので、初めての方でも安心して金魚を飼い始めることができます。

 またオールインワンタイプの水槽には、おしゃれな外観を目指してデザインされたインテリア水槽もありますので、金魚を飼う楽しさだけでなく、美しくレイアウトされた部屋のインテリアとしても、オールインワンタイプのガラス水槽を選ぶメリットは大きいかもしれません。

 育てたい金魚が多い場合でも、90cm規格水槽(水量157リットル)のような大型のオールインワンタイプの水槽もありますので、思い切って大きな水槽にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

 金魚の水槽の一覧は、こちらからご覧いただけます。


● ガラス水槽を選ぶときの注意点

 種類も豊富で、インテリアとしても魅力のガラス水槽ですが、選ぶときに注意しておかなければならないこともいくつかあります。

 それは、水槽が大きくなればなるほど重量が増えるということ。30cm以下の小型の水槽であれば、それ程気にすることもありませんが、60cm規格を越えるような大型の水槽になると、水を入れたときの総重量もおよそ80kg近くにもなり、その重さを支えられるしっかりとした置き場所や台が必要になってきます。

 大きな水槽は、その重さを支えるしっかりとした置き場所が必要になるということ、そしていったん据え付けたら簡単には移動できないことに注意が必要です。


● 小さな水槽よりも、大きな水槽のほうが水の管理が楽?

 大きな水槽は、水を入れたときの重量も重く、簡単に動かすことはできませんが、水槽の水質管理という面では、小さな水槽よりも大きな水槽のほうが楽な場合があります。

 初めて水槽で金魚を飼い育てる方のなかには、大きな水槽よりも小さな水槽のほうが管理が楽そうに思う方もあると思いますが、小さい水槽は水量が少ないために水が汚れやすく、頻繁に水換えをしないと、きれいな水を保つことが難しくなります。

 その点、大きな水槽は、水の量もたっぷりありますので、小さな水槽に比べて水が汚れにくく水質管理が楽になります。

 また、金魚は、他の観賞魚、たとえば熱帯魚などに比べると、その何倍も大きくなる魚です。金魚の食べるエサ(餌)の量も、金魚の体重に比例して多くなりますし、糞の量も食べる量に比例して多くなります。

 こうしたことから、こまめな水換えなどの水質の維持管理の手間が少なくて済むのは、小さな水槽ではなく、むしろ大きな水槽ということになります。


 また、60cm規格水槽以上の大きな水槽では、水量も豊富で、ろ過装置などがセットになっているオールインワンタイプの水槽では、付属のろ過装置も水の浄化能力の高い上部フィルター式が標準となっていることもあって、小さな水槽のように頻繁に水換えをする必要が無く水質の管理がとても楽です。

 金魚の水槽は、こうした水の汚れやすさや、水の管理のしやすさにも目を向けて、できるだけ大きな水槽を選んでみてください。大きな水槽はインテリアとしての存在感も十分備えていますし、金魚の飼育がとても楽になります。

 金魚の水槽の一覧は、こちらからご覧いただけます。

 金魚のことがよくわかる金魚の飼育関連本の一覧は、こちらからご覧いただけます。


● 金魚の飼い方・育て方へようこそ!

 当サイト、「金魚の飼い方・育て方」では、金魚の上手な飼い方、育て方と水槽の選び方、飼育用品の使い方や金魚の健康管理など、初めてでも楽しく金魚を飼うための育て方のポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク


 ●金魚の飼い方・育て方 総合ページリンク
● 金魚を飼う前に


● 金魚の歴史と起源● 金魚の種類と品種
● 金魚の飼育容器・ガラス水槽の特長と選び方● 金魚の飼育容器・金魚鉢の特長と選び方
● 金魚の飼育容器・睡蓮鉢の特長と選び方● 金魚の飼育用品・エアレーション
● 金魚の飼育用品・ろ過器(ろ過装置)● 金魚の品評会とは?

● 金魚の上手な飼い方・育て方


● 丈夫な金魚の見分け方● 金魚・睡蓮鉢での飼い方・育て方
● 金魚・水槽での飼い方・育て方● 金魚・金魚鉢での飼い方・育て方
● 金魚のエサ(餌)の種類● 金魚のエサ(餌)の与え方
● 金魚の水合わせの方法と手順● 金魚水槽の水換えの方法と手順

スポンサーリンク


● 金魚の飼育用品一覧
● 金魚鉢と金魚の飼育用品一覧● 金魚の水槽と金魚の飼育用品一覧
● 金魚の餌と金魚の飼育用品一覧● 金魚の水草と金魚の飼育用品一覧
● よくわかる金魚の飼育関連本一覧

● 金魚の病気と健康管理


● 金魚の病気と薬浴の方法● 金魚の病気・転覆病
● 金魚の病気・白点病● 金魚の病気・尾ぐされ病
● 金魚の病気・松かさ病(立鱗病)● 金魚の寄生虫・ウオジラミ
● 金魚の寄生虫・イカリムシ● 金魚の病気・穴あき病
● 金魚の病気・エラ病● 金魚の病気・水カビ病

スポンサーリンク


 金魚の飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報個人情報保護方針リンク集

ハムスターの飼い方・育て方


Copyright(C)金魚の飼い方・育て方 All rights reserved.